インプラントの医療費控除・治療料金について

医療費控除について

医療費控除とは、インプラント治療で高額な費用がかかった際に、
少しでも治療費の負担を軽減できる制度です。
本人または生計をともにするご家族が支払った医療費が1年間(1月1日~12月31日)で10万円(その年の所得金額の合計が200万未満の人はその5%)を超えた場合に、確定申告をすることでお金が戻ってきます。
申告の際は医療費の領収書などを確定申告書に添付するので、領収書などは大切に保管しておきましょう。

【交通費も控除の対象に】
医療機関に通うために公共の交通機関を利用した場合の交通費は控除の対象になります(通院の際の付添人の交通費も含まれます)。
日時・病院名・交通費・理由を控えておきましょう。
ただし、マイカーを利用した場合のガソリン代や駐車場代は対象外です。

医療費控除の計算式

医療費控除の対象となる金額

※1 医療費控除額の上限は200万円です
※2 その年の1月1日から12月31日までに支払った医療費
※3 生命保険などで支給される入院給付金、健康保険などで支給される医療費・家族療養費、出産育児一時金など
※4 その年の所得金額の合計額が200万未満の人はその5%の金額

症例・治療費例について

症例1

症例2画像

手術料(簡易症例) ¥100,000
上部被せ物(メタルボンド) ¥85,000
計 ¥199,800(税込)

症例2

症例3画像

手術料(簡易症例) ¥100,000 × 2
上部被せ物(GOLD前装) ¥85,000 × 2
計 ¥399,600(税込)

症例3

症例4画像

手術料(抜歯後難症例) ¥150,000
上部被せ物(メタルボンド) ¥85,000
計 ¥253,800(税込)
自費治療(ホワイトニング) ¥21,600

症例4 奥歯をきれいに治したい 抜歯後 4本欠損

症例8画像

手術料(簡易症例+難症例) ¥108,000 × 3 + ¥162,000 × 1
上部被せ物(メタルボンド) ¥91,800 × 4
計 ¥853,200(税込)
自費治療(セレック・オールセラミック) ¥64,800 × 4

症例5 入れ歯→インプラント希望 14本欠損

症例10画像

症例10画像

手術料(簡易症例) ¥108,000 × 8
上部被せ物
(メタルボンド、GOLD前装、特殊アバット代)
¥91,800 × 10
¥91,800 × 4
¥21,600 × 8
計 ¥2,322,000(税込)

症例6 入れ歯が落ちる

症例12画像

症例12画像

手術料(簡易症例) ¥108,000 × 4
インプラント上部構造
(バーアタッチメント)
¥86,400 × 4
インプラント上部義歯(レジン床) ¥324,000
計 ¥1,101,600(税込)

インプラント症例実績 5979症例 2013年10月現在

幹細胞再生医療

インプラント相談窓口

新地ハロー歯科 スタッフブログ

新地ハロー歯科 スタッフブログ

なるほど!インプラント

ハロー歯科スマイルワン

ジャンプつばさ